利用規約

 pokeponは、事業者からのサービス提供と、サービスを享受する利用者における双方の利便性を向上するため制作されたサービスアプリです。株式会社AmidA(以下、「当社」といいます。)が運営する「pokepon」と称するウェブサイト及びアプリケーションソフトウェア等を利用する方は、本規約に同意された方に限るものとします。

第1条(適用)

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、当社が提供する本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

第2条(定義)

  1. 「本サービス」とは、当社ウェブサイトにおいてpokeponという名称で提供する一切のサービス(理由の如何を問わずサービスの名称または内容が変更された場合は、当該変更後の一切のサービスを含みます。)を意味します。
  2. 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインがpokepon.jpである、当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当社ウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。
  3. 「お客様」とは、当社ウェブサイトにアクセスされたすべての方を意味します。
  4. 「ユーザー」とは、本規約に同意し、本サービスを利用するために登録をしたお客様を意味します。
  5. 「アカウント」とは、ユーザーが本サービスを利用するために付与するものを意味します。
  6. 「利用者」とは、ユーザーのうち、本サービスを利用する個人を意味します
  7. 「事業者」とは、ユーザーのうち、本サービスにおいてスタンプカードを発行する飲食店や小売店などの店舗や事業者を意味します。
  8. 「コンテンツ」とは、本サービスにおいて、お客様が閲覧可能な状態にあるすべてのものを意味します。ユーザーのアカウントのアイコン、プロフィール情報、ユーザーが発信する文章、画像、動画が含まれますがこれらに限られません。
  9. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利または法律上保護される権利(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録などを出願する権利を含みます)を意味します。

第3条(権利帰属)

当社ウェブサイト及び本サービスに関する権利(知的財産権を含む)はすべて当社又は、当社コンテンツで使用している素材等については使用を承諾をしている各権利保有者にそれぞれ帰属し、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイト及び本サービスに関する当社又は当社の承諾を得て使用する者の権利(知的財産権を含む)の使用許諾を意味するもものではありません。

第4条(利用登録・拒絶・取消)

本サービスの利用を希望するお客様は、本規約に同意の上、当社が指定する方法により利用を申込み、登録が承諾された場合に利用することができます。
ただし、以下のいずれかに該当すると当社が判断した場合、当社は、お客様からの登録の申込を拒絶または登録後であってもユーザーの取消をすることがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

  1. 本サービスへの登録にあたり、提供された情報の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
  2. 本サービスへの登録にあたり、提供された情報について内容の証明が必要であると当社が判断し、ユーザーが当社の求めに応じなかった場合
  3. 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
  4. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
  5. 登録を希望するお客様が過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合
  6. その他、当社が登録を相当でないと判断した場合

第5条(登録事項の変更)

ユーザーは、登録した事項に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

第6条(アカウントの管理)

  1. ユーザーは、自己の責任において、本サービスに関するパスワード及びユーザーIDを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。当社は、登録されたパスワードを利用して行なわれた一切の行為を、ユーザーご本人の行為とみなすことができます。
  2. 当社は、ユーザーが希望する場合、合理的な範囲内でユーザーによるアカウントの運用を補助することがあります。この場合、当社は、補助に必要な範囲で、ユーザーのアカウントにアクセスし、これを操作できるものとします。
  3. パスワードまたはユーザーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

第7条(利用料金および支払方法)

  1. 事業者は、本サービスにおける有料プランを利用するにあたり、本サービスの利用の対価として、当社が別途定める利用料金を、当社の指定する方法のうち事業者が選択した方法により支払うものとします。
  2. 有料プランの内容、利用料金、支払期限等は、当社が決定し、事業者に本サービス上において公表又は通知しますので、有料プラン申込時にご確認ください。
  3. 有料プランの利用期間は、毎月1日から月末までの1ヶ月単位とし、第12条に定める方法により月の途中に解約した場合は、残存期間に関わらず直ちに利用を停止します。月の途中の解約により解約月の利用期間が1ヶ月に満たない場合であっても1ヶ月とみなし、すでに受領している利用料金については返金または払い戻しはいたしません。また、初回申込月(申込完了時から当月末日まで)に関しては料金は発生いたしませんが、申込月と同月の解約は受け付けできません。
  4. 有料プランの利用期間は、毎月末日の前日までに当社または事業者の一方から本サービスを通じて解約の意思表示がない限り、更に1ヶ月間継続されるものとし、以降も同様とします。この場合、継続された月の1日に当該月の1ヶ月分の利用料金を請求致します。
  5. 事業者は、有料プランの利用期間内に、他の有料プランに変更をした場合、当該月に適用されている利用料金は変更前の利用料金とし、変更後の利用料金は翌月から適用するものとします。
  6. 有料プランを利用する事業者が本サービスの利用料の支払いを怠った場合、当社は、当該事業者に対し支払い期日の翌日から完済日まで年利1割2歩の日割りにより計算された遅延損害金を請求することができるものとします。

第8条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

  1. 法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
  2. 違法又は違法行為を助長するような行為
  3. 当社、本サービスその他のお客様またはその他第三者に対する詐欺または脅迫行為
  4. 公序良俗に反する行為
  5. 当社、本サービスその他のお客様またはその他第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為
  6. 本サービスを通じ、以下に該当し、または該当すると当社が判断する情報を当社又は本サービスの他のお客様に送信すること
    1. 過度に暴力的または残虐な表現を含む情報
    2. コンピュータ・ウィルスその他の有害なコンピュータ・プログラムを含む情報
    3. 当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者の名誉または信用を毀損する表現を含む情報
    4. 過度にわいせつな表現を含む情報
    5. 差別を助長する表現を含む情報
    6. 自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報
    7. 薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報
    8. 反社会的な表現を含む情報
    9. チェーンメール等の第三者への情報の拡散を求める情報
    10. 他人に不快感を与える表現を含む情報
    11. 面識のない異性との出会いを目的とした情報
  7. 本サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為
  8. 当社のネットワークまたはシステム等に不正にアクセスし、または不正なアクセスを試みる行為
  9. 本サービスの他ユーザーのIDまたはパスワードを利用する行為
  10. 第三者の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示又は提供する行為
  11. 当社による本サービスの運営又は他のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為
  12. 当社、本サービスの他のお客様またはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
  13. 当社が事前に許諾しない本サービス上での宣言、広告、勧誘、または営業行為
  14. 当社に対し不当な問い合わせ又は要求をする行為
  15. 第三者に成りすます行為
  16. アカウントを第三者に譲渡又は貸与する行為、第三者と共用する行為
  17. 本サービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
  18. 本サービスの不具合を意図的に利用する行為
  19. 前各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にする行為
  20. その他、当社が不適切と判断する行為

第9条(本サービスの中断・変更・終了)

  1. 当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。当社が本サービスを中断した場合であっても、当社は、ユーザーに対し、何ら責任を負わないものとします。
    1. 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
    2. 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
    3. コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
    4. その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
  2. 当社は、ユーザーに公表又は通知することにより、本サービスの全部又は一部を変更し又は終了することができるものとします。当社が本サービスの全部又は一部の変更又は終了した場合であっても、当社は、ユーザーに対し、何ら責任を負わないものとします。また、第10条(コンテンツ)に該当する情報、データに関してデータ抽出による提供等、いかなる補償も行わないものとする。
  3. 当社は、本条に基づいて本サービスの全部を終了しようとする場合、ユーザーに対し、1ヶ月前の予告をもって当社が設定した基準日を通知するものとします。事業者は、基準日までの本サービスの利用に係る利用料金を支払う義務を負うものとします。当社は、基準日から6ヶ月間、ユーザーに対し、本サービスを提供を継続しなければならないものとし、当該期間の満了後、本サービスの全部を終了することができるものとします。ただし、事業者は、基準日以後の本サービスの利用に係る利用料金を支払う義務を負わないものとします。

第10条(コンテンツ)

ユーザーは、本サービス内におけるコンテンツの作成にあたって、以下の事項を表明し、保証するものとします。

  1. コンテンツが、第三者の権利(著作権、著作者人格権、特許権、商標権、意匠権、実用新案権、営業秘密、名誉権、肖像権、プライバシー権、パブリシティー権を含みますが、これらに限りません)を侵害しないこと
  2. コンテンツが公序良俗に反するおそれのある内容(過度に暴力的な内容、露骨な性的内容を含みますが、これらに限りません)、法令又は本規約に違反する内容を含まないこと
  3. コンテンツにURLリンクを含める場合、ユーザーがアクセス状況を集計可能であることをその他ユーザーが認識できるURLに限定するか、またはユーザーがそのように認識するために必要な措置を行うこと
  4. 第三者に関する情報をコンテンツに記載する場合、ユーザーが当該第三者本人からの情報提供だと誤解しないよう、然るべき記載(例としては、情報の発信元の明示、本人ではないことの明示などがありますが、これらに限られません)をしなければなりません。
  5. ユーザーは、本サービスの適正な運営のため、当社がコンテンツの内容を確認する場合があることに同意します。当社は、ユーザーのコンテンツに不適切な内容が含まれていると判断した場合、当該コンテンツを配信せず、又は削除することができます。
  6. 当社は、裁判所、捜査機関、その他の公的機関から、ユーザーのコンテンツを開示・提供するよう請求され、当社がかかる請求が正当であると判断した場合、ユーザーの承諾を得ることなく、ユーザーのコンテンツを開示・提供することができるものとします。
  7. 当社は、ユーザーのコンテンツを、本サービスの広告・宣伝活動に利用することがあり、ユーザーは予めこれに同意するものとします。

第11条(利用制限および登録抹消)

  1. 当社は、以下の場合には、事前の通知または催告なく、ユーザーに対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、またはユーザーとしての登録を抹消し本サービスの利用を終了することができるものとします。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    3. 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    4. 6か月以上本サービスの利用がない場合
    5. 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して、30日間以上応答がない場合
    6. 第8条の各項に該当する場合
    7. その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
  2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について、当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対してすべての債務の支払を行わなければなりません。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第12条(解約)

ユーザーは当社指定の方法で当社に通知することにより、本サービスを解約し、自己のユーザーとしての登録を抹消することができます。この場合、当社はユーザーが解約したことによって発生した損害について、一切の責任を負いません。

  1. 前項における解約の通知は、申込月にあっては、受付ができません。
  2. 解約にあたり、当社に対して負っている債務がある場合は、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対してすべての債務の支払を行わなければなりません。
  3. 解約後の利用者情報の取扱いについては、第15条の規定に従うものとします。

第13条(免責事項)

  1. 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害等を含みますが、これらに限りません)がないことを明示的にも黙示的にも保証しません。
  2. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能または変更、ユーザーが本サービスに送信したメッセージまたは情報の削除、消失、ユーザーの登録抹消、本サービスの利用による登録データの消失または機器の故障もしくは損傷、スタンプカードを発行する事業者の倒産、登録取り消し等、スタンプカードその他本サービスに関してユーザーが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
  3. 当社は、ユーザーが本サービスを利用したことに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、この損害が当社の故意又は重大な過失によって発生した場合はこの限りでなく、この場合、当社はユーザーに生じた通常かつ直接の損害について、この損害が発生した月にユーザーが現に支払った本サービスの利用料金額を上限として、これを賠償する責任を負うものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。
  4. 本サービスまたは当社ウェブサイトに関連してユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、当社は一切責任を負いません。

第14条(機密保持)

ユーザーは、当社の機密情報(当社、当社ウェブサイトおよび本サービス等に関する一切の情報であって、その開示方法にかかわらず、当社が開示の際に秘密である旨を明示したものをいいます。以下同じです)を秘密として保持するものとし、法令により開示が義務付けられる場合を除き、当社の書面による承諾なく当社の機密情報を第三者に開示又は漏洩してはならないものとします。

第15条(利用者情報の取扱い)

当社によるユーザーの利用者情報の取扱いについては、別途当社プライバシーポリシー(https://www.pokepon.jp/privacy_policy)に定めるものとし、ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って、当社がユーザーの利用者情報を取扱うことについて同意するものとします。

第16条(利用規約の変更)

当社は、本規約の内容をユーザーの事前の承諾なくいつでも変更できるものとします。当社は、本規約を変更した場合には、ユーザーに当該変更内容を通知するものとし、本通知をおこなった時点から効力が発生するものとします。当該変更内容の通知後、ユーザーが利用した場合または当社の定める期間内に第12条に基づく解約の手続をとらなかった場合には、ユーザーは本規約の変更に同意したものとみます。

第17条(通知、連絡)

本サービスに関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡または通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社からユーザーに対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとします。

第18条(委託・業務提携)

  1. 当社は、本サービスにおけるサービス提供の一部を、当社のグループ会社その他の第三者に委託することができます。
  2. 当社は、業務提携先のウェブサイト、アプリ等に本サービスの機能を提供するため、ユーザーの本サービスに関する情報(ただし、個人情報ではない情報とします)を業務提携先に提供することができるものとします。これにより、ユーザーのコンテンツ内のリンク等が、提携先サイトに掲載されることがございます。

第19条(本規約上の地位の譲渡等)

  1. ユーザーは、当社の書面による承諾なく、本規約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いユーザーの本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録事項その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項においてあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第20条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、残りの規定および規程の一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第21条(準拠法・裁判管轄)

  1. 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
  2. 本規約、本サービスに関して紛争が生じた場合には、大阪簡易裁判所または大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

改廃履歴

【2018年6月25日制定】
【2018年11月1日改定】